山形オペラ協会


演奏会員名簿

会員プロフィール

※2018年8月2日更新・五十音順

会田 千恵美 (ソプラノ)
県立山形北高等学校音楽科、武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。声楽を岩岡良子、水野則子、篠原節子、藤野祐一の各氏に師事。オペラ「小鶴」幻想の母役、「フィガロの結婚」マルチェリーナ役、「修道女アンジェリカ」修道院長役、「魔笛」侍女1役等で出演。また、山形オペラ協会本公演、オペラ・プロムナード他多数演奏会に出演。「voce canora」メンバー。山形オペラ協会会員。
越後 桂 (ソプラノ)
県立山形北高等学校音楽科、聖徳大学人文学部音楽文化学科声楽コース卒業。同大学院博士前期課程修了。声楽を大場睦子、斎藤雅子、小泉惠子、高橋大海、嶺貞子、ロセッラ・レドーリャの各氏に師事。山形県出身者新人演奏会、読売新聞社新人演奏会、「フィガロの結婚」、「夕鶴」等のオペラや宗教曲のソリストとして数々の演奏会に出演。コンセール・ヴィヴァン会員、山形オペラ協会会員。
大沼 麻子 (ソプラノ)
山形大学教育学部総合教育課程音楽文化コース卒業。声楽を志鎌綾子、青木美稚子、藤野祐一、藤野恵美子の各氏に師事。オペラでは「フィガロの結婚」バルバリーナ役、花娘役、「魔笛」パミーナ役、「泣いた赤鬼」娘役に出演。また、山形オペラ協会本公演や、オペラ・プロムナード等に多数出演している。現在、歌声サロン「カンタービレ」主宰。山形オペラ協会会員。
尾上 真由 (ソプラノ)
山形大学教育学部卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美修了。イタリアのピアネッロにて Maria L Groppi 氏のマスタークラス受講。ディプロマ取得。ロシアのサンクトペテルブルクにて二期会国際交流グループ主催オペラ「ノルマ」にアダルジーザ役で出演し、他に「フィガロの結婚」ケルビーノ、マルチェッリーナ(日本語、1・3幕)、「ラ・ボエーム」ミミ(3幕)役を演じる。藤原歌劇団合唱部として本公演、地方公演、記念祝典等に参加した。
大類 雅子 (ソプラノ)
レパートリー:ケルビーノ
県立山形北高等学校音楽科、国立音楽大学声楽科卒業。県人オペラ、「第九」のソリスト等数多くの舞台、演奏会に出演。近年はアンサンブル・フォーレストのメンバーとともにスクールコンサート活動を精力的に行っている。「シャンテ・ソレイユ」「オリーブ」指導者。山形市芸術文化協会会員。山形オペラ協会会員。
菅野 汐里 (ソプラノ)
山形県立山形北高等学校音楽科、山形大学地域教育文化学部地域教育文化学科音楽芸術コース卒業。在学中、学内オペラ研究会YCM「コジ・ファン・トゥッテ」に2幕フィオルディリージ役、山形オペラ協会「フィガロの結婚」に花娘T役、「修道女アンジェリカ」にドルチーナ役で出演。第7回東京国際声楽コンクール入選、第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール大学生部門3位。これまでに声楽を藤野恵美子、藤野祐一の両氏に師事。
菅野 順子 (ソプラノ)
レパートリー:阿古耶姫、フラスキータ、伯爵夫人、眠りの精
県立山形北高等学校音楽科、国立音楽大学声楽科卒業。声楽を今川昌弘、波多野靖祐、真嶋美弥の各氏に師事。市民オペラ「阿古耶姫」、県民オペラ「紅の石」「ヘンゼルとグレーテル」「カルメン」等に出演。国民文化祭創作オペラ「小鶴」では幻想の母役で出演。現在県立山形北高等学校音楽科講師、山形オペラ協会会員。
佐藤 美喜子 (ソプラノ)
日本大学芸術学部音楽学科声楽専攻卒業。ソロリサイタルをはじめ、オペラ「阿古耶姫」阿古耶姫、「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル、「フィガロの結婚」ケルビーノ、「コジィ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「こうもり」ロザリンデ、オルロフスキー、「小鶴」登米、他「ジャンニ・スキッキ」「泣いた赤鬼」など多数出演。他に合唱ソリストやコンサートにも多数出演。また、賛美奉仕者として県内外をはじめ海外でも賛美をする。現在、日本大学山形高等学校講師。「トリオ・グラシア」「アンサンブル・ノエル」各メンバー。女声コーラス「コール・ミキ」指揮者。山形オペラ協会会員。
塩野 綾子 (ソプラノ)
山形県立山形北高等学校音楽科、山形大学地域教育文化学部文化創造学科音楽芸術コース卒業。学内におけるオペラ研究会YCMでは、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ役、「ヘンゼルとグレーテル」母親役等で出演。これまでに声楽を藤野恵美子、藤野祐一の両氏に師事。山形オペラ協会会員。
鈴木 洋子 (ソプラノ)
山形大学教育学部特別教科教員養成課程(音楽)卒業。声楽を堀野温代、藤野祐一、藤野恵美子各氏に師事。ニューイヤーコンサートでは、「コシ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ役、「ドン・ジョバンニ」ツェルリーナ役等で出演。オペラでは「小鶴」おつね役、「フィガロの結婚」バルバリーナ役で出演。現在コーロ・アプリーレ、山形オペラ協会会員。
土屋 ユミ子 (ソプラノ)
山形大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程卒業、ウィーン国立音楽大学マスターコースディプロマ取得、山形大学大学院 地域教育文化研究科文化創造学科音楽芸術分野修了。
第3回東京国際声楽コンクール愛好者の部 4位入賞。 大学院修了研究演奏会出演。
中澤 美緒 (ソプラノ)
名古屋芸術大学卒業、同大学研究生声楽部門修了。卒業オペラ公演 レハール作曲オペレッタ「メリーウィドウ」にヴァランシェンヌ役で出演、第16回名古屋芸術大学同窓会新人演奏会出演、第37回茨城県新人演奏会出演。大学在学中から愛知県文化振興事業団の劇場付嘱合唱団に所属、事業団主催公演、日生劇場公演など多くのオペラ、コンサートに出演。山形大学大学院修了、二期会オペラ研修所修了。これまでに常森寿子、高須道夫、飯田みち代、牧川修一、竹本節子の各氏に師事。日本シューマン協会会員、日本音楽療法学会会員、二期会会員、PROTEAMUSICA代表。
深瀬 浩子 (ソプラノ)
レパートリー:バルバリーナ
宇都宮短期大学音楽科声楽専攻卒業、同研究科修了。石橋幸恵、後藤寿子、大志万明子、藤野祐一の各氏に師事。「ヴォーカル・コンサート」「文翔館コンサート」等に連続出演。山形市私立幼稚園協会研究会主催幼稚園児対象の「生の音に親しむコンサート」に出演。現在ムジカ・バンビーナ主宰。山形オペラ協会会員。
藤野 恵美子 (ソプラノ)
国立音楽大学声楽科卒業、同大学大学院オペラ科修了。「へンゼルとグレーテル」(母・魔女)、「こうもり」(ロザリンデ)、「フィガロの結婚」(伯爵夫人)、「カルミナ・ブラーナ」ソプラノ・ソロなど多数出演。ソロ・リサイタル及びチャリティコンサート開催、平成29年開催のリサイタル「永遠のメロディー」で山形市芸術文化協会奨励賞を受賞。C.カポレッロ女史、波多野靖祐、菅英三子の各氏に師事。現在、コーロ・ラ・ヴォータ、オアシスコーラス指揮者、ラ・ヴォ―チェ・ダンジェロ主宰、山形オペラ協会副会長。
真下 祐子 (ソプラノ)
レパートリー:バルバリーナ、ヘンゼル、デスピーナ
愛知県立芸術大学卒業、ヴィオッティ音楽院修了。Viglianoviva国際コンクール(イタリア)に2000年、2001年3位入賞。在伊中、ヴィオッティ劇場や教会でのコンサートに出演。帰国後、リサイタル開催の他、各種コンサート、モーツァルト「レクイエム」ソリスト、山形生涯学習文化財団主催オペラ『フィガロの結婚』スザンナ、『魔笛』夜の女王、山響・アマデウスの旅等に出演。合唱では、これまでに寒河江市少年少女合唱団や一般合唱団、小・中・高校で指導の他、東北大学混声合唱団でヴォイストレーナーを務める。現在、東北文化学園大学特任教授、県立山形北高等学校及び山本学園高等学校非常勤講師。山形オペラ協会会員。
松浦 恵 (メゾソプラノ)
県立山形北高等学校音楽科、山形大学地域教育学部音楽芸術コース卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科声楽(独唱)専攻修了。G.マーラーの歌曲研究で修士号取得。声楽を藤野恵美子、藤野祐一、寺谷千枝子、永井和子各氏に師事。第4回東京国際声楽コンクール大学生の部第一位および東京新聞賞受賞。藝大モーニングコンサートに出演し、藝大フィルハーモニアと共演。様々な宗教曲のソリストを務め、メディアでは「日本名曲アルバム」に出演。山形オペラ協会会員。
山口 由美 (メゾソプラノ)
常盤木学園高等学校音楽科、上野学園大学音楽学部声楽学科卒業。上村京子、伊豆山教恵の各氏に師事。読売新聞社新人演奏会、ベートーヴェン第九アルトソロ、県人オペラ「阿古耶姫」「紅の石」侍女、県民オペラ「ヘンゼルとグレーテル」魔女、「アマールと夜の訪問者」母親、「フィガロの結婚」マルチェリーナ、「修道女アンジェリカ」公爵夫人、「魔笛」侍女III、等多数に出演。現在 山形市芸術文化協会会員、山形児童劇研究会副幹事長、山形オペラ協会副会長。
渡邊 みづき (ソプラノ)
昭和音楽大学短期大学部、同大学専攻科声楽専攻卒業。成績上位者による演奏会に出演。中村とき子、水野則子、佐藤実香、M.ポーリ、M・ゴヴォーニ、各氏に師事。昭和音楽大学同玲会主催新人演奏会に出演。福光IOXアローザの声楽セミナーに参加しフィオレンツァ・コッソット氏のマスタークラスを受講。各種演奏会、イベント、アウトリーチ事業、ブライダルソリスト、プロ野球公式戦での国歌斉唱を務めるなど東北一円で幅広く活躍中。東北文教大学非常勤講師。
山科 由樹 (ピアノ)
山形県立山形北高等学校音楽科、上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コースピアノ専門卒業。大学在学中選出され、学内演奏会・卒業演奏会にソロで出演。第19回山形県出身者新人演奏会出演。その他、伴奏・アンサンブルを中心に活動。これまでにピアノを藤川陽子、郷津由紀子、佐々木祐子、菅原美穂の各氏に師事。現在、あこや町やましな音楽教室主宰、山形カルチャーセンター講師。山形オペラ協会会員、トリオアンサンブル「Twinkle」メンバー。
加藤 隼人 (バリトン)
東京都出身。洗足学園音楽大学卒業、同大学院修士課程を修了。島田恒輔、松西正秀両氏に師事。これまでに第九、フォーレ「レクイエム」、オペラでは「カルメン」のエスカミーリョ、「フィガロの結婚」のフィガロ、伯爵、「魔笛」のパパゲーノ、「ドン・ジョヴァンニ」のドン・ジョヴァンニなどに出演し好演を博す。現在、東北文教大学講師。
佐藤 文昭 (テノール)
山形北高音楽科、山形大学特設音楽科卒業。東京学芸大学大学院修了。声楽を鈴木紀重、橋幹彦、佐々木行綱、藤井典明の各氏に、指揮を前田幸市郎、伊藤英一の各氏に師事。オペラでは、「フィガロの結婚」ドン・クルチオ、「魔笛」のモノスタトス、「泣いた赤鬼」の百姓役等に出演。また、これまでの県人オペラ等で副指揮を務める。現在、コール・マイゼン団員、山形オペラ協会副会長。
鈴木 集 (バリトン)
山形県旧藤島町出身。山形大学教育学部を卒業。山形大学大学院を修了。声楽を伴和香子、藤野祐一の各氏に師事。また田島好一、A.コックス両氏の指導を受ける。『ドンジョヴァンニ』タイトルロール、同レポレッロ、『小鶴』神名吉左衛門、『こうもり』ファルケなど多数のオペラ作品に出演。市立商業高等学校音楽科講師。女声合唱団ささゆり指導。
藤野 祐一 (バリトン)
レパートリー:フィガロ、エスカミーリョ、伯爵、ジェルモン、グリエルモ
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院オペラ科修了。「フィガロの結婚」のフィガロ及び伯爵役、「ヘンゼルとグレーテル」の父親役、「カルメン」のエスカミリョ役、「コシ・ファン・トゥッテ」のグリエルモ及びドン・アルフォンゾ役など数多くのオペラに出演している。現在山形大学地域教育文化学部教授、山形オペラ協会会長。
宮下 通 (テノール)
日野市生まれ、山形市在住。山形南高等学校、山形大学教育学部総合教育課程音楽文化コース卒業。二期会オペラ研修所45期本科、山形大学大学院地域教育文化研究科文化創造専攻音楽芸術分野修了。《こうもり》、《小鶴》、《愛の妙薬》(抜粋)や合唱曲のソリストとしても出演。現在、東北文教大学短期大学部子ども学科講師、山形オペラ協会事務局長、山形楽友合唱団指揮者、新庄北高等学校吹奏楽部コーチ。
我妻 孝 (バリトン)
レパートリー:バルトロ、フィガロ、ファルケ、ドン・アルフォンソ
米沢市出身、山形市在住。東京音楽大学声楽科卒業。持田篤、カトリン・グラーフ女史、クルト・ヴィトマーの各氏に師事。県民オペラ「阿古耶姫」「ヘンゼルとグレーテル」に出演。そのほか「フィガロの結婚」や「コシ・ファン・トゥッテ」など数多くのオペラに出演している。山形オペラ協会会員。